やっぱり生は気持ちイイ

富山市在住のセクシーな人妻セフレは、
20代前半の綺麗系。
20代前半、標準的なスタイルの笑顔もかわいい子。
アダルトSHOPでガーターベルトを買った後、

富山市のホテルに行った時、

おっぱいを揉んでいると腰をクネクネして動かし始めます。
丁寧で愛情に満ち、恋人感満載のラブラブフェラでした。
ハリがあり、程よい大きさに実ったおっぱいや女性らしい美しいくびれのボディラインは見るだけでムスコが反応します。
セクシーな反応と女性らしい甘い匂いに夢中で吸いつきます。
クンニしてると、とても濡れてくれて嬉しかったです(^-^)
フェラしながらもあえぎ声が!69になりお互い舐め合う。

米中摩擦で株価冷や水 北陸の地場証券「ご祝儀期待も残念」

 10連休明け、元号が令和に変わって初の取引となった東京株式市場で日経平均株価が大幅続落した7日、北陸の地場証券関係者からは「米中貿易摩擦で冷や水を浴びせられた」「ご祝儀相場の期待感もあったが残念だ」との声が聞かれた。令和初日の相場は2万2千円を割り込む終値となったが、今後の令和時代について、個人投資の流れの加速や産業の進展などを挙げ「3万円を超える上昇基調が続くのではないか」との見方が目立った。

 「大きく下がるんじゃないか」「これから戻るだろうか」。7日、金沢市の今村証券本店には、個人投資家からの電話の問い合わせが多く寄せられた。ニューヨーク市場が途中、大きく下がった影響に気をもむ様子が目立ち、不安心理が働いていたという。

 同社の寺下清隆常務営業本部長は、10連休前まで株価が堅調に推移し、令和時代のスタートでさらに歓迎相場が見込まれていたとし、「トランプ米大統領が対中関税引き上げに言及していなければ、500円近く高くなっていてもおかしくなかった」と述べた。

 寺下常務は米中協議を見極めたり、今後ピークを迎える企業の決算発表が終わるまで模様眺めしたりする動きが出ると予想する。

 その上で、平成時代の株価は3万8千円台をつけたことに触れ、「平成はバブル崩壊後の停滞期間が長く、『貯蓄から投資へ』の流れは掛け声だけで広がらなかった。令和時代は投資の流れが強まり、3万8千円を目標に上昇するのではないか」と語った。

 ほくほくTT証券(富山市)の竹本通明副社長も「米中貿易摩擦のリスクが再燃し、影響がもろに出た」と指摘。ただトランプ氏が来年、大統領選を控えることから「自分の首を絞めるような経済政策は続けず、次第に株価も落ち着くだろう」と分析した。

 令和時代については、高速大容量の第5世代(5G)移動通信システムなど産業界が大転換期に突入するとし、「東京五輪の時期を起点に、新たな技術に関わる企業を中心に、良い変化が生まれれば株価も3万円台を超えるようになってくる」との見方を示した。