色白で可愛い割り切りの人妻に「ソーププレイしたい!」とお願いすると、笑顔でローションで密着してくれます。

富山市在住の僕の人妻セフレは、
20代前半の綺麗系。
まだまだあどけなさが残る少女といった印象でしたがベットでの豹変ぶりにビックリ!!
アダルトSHOPでお風呂用のローションを買った後、

富山市のホテルに行った時、

気さくでリード上手なテクニシャン♪
愛らしい眼差しと彼女の裸体を一目見れば僕の下半身はもう耐え切れない状態になります。
クリを集中的にせめると、あえぎ声が大きくなっていきました。
胸をソフトに揉むと「強くしてー!!」って言われたので強めに揉みしだき乳首を舐めます。
これも凄い!もう好きにしてという感じになりました。
いっぱい濡れてくれていたので思わず自分のテクが上手くなったと勘違いしそうです。

世帯地図で防災力強化 山田地域自治振興会 全戸配布し救助に活用

■避難に備え「心得」作成

 富山市の山田地域自治振興会(森口正行会長)と同地域社会福祉協議会(坂口清志会長)は、災害への備えや避難に役立つ情報をまとめた防災心得と、各集落の世帯位置を記した地図を全戸配布した。各家庭での「自助」、近所同士で支え合う「共助」につなげ、地域の防災力を高める。(八尾・婦中支局長谷井康彦)

 山田地域では中央を南北に貫くように山田川が流れ、山あいに集落が点在する。市の統計によると、人口は513世帯1434人(2月末現在)。近年は大雨によって浸水や土砂災害の危険性が高まる場面がたびたびあり、高齢化が進む中、地域の防災力強化が課題になっていた。

 両団体は自治会長や総代らを通じて各世帯の状況を確認。地元で建設業を営む森口会長は仕事で培った技術を生かし、22集落ごとの世帯配置図を手描きした。主要な道路や川、公共施設などと家の位置関係、家同士の距離を分かりやすく示した。

 防災心得には指定避難場所、非常時持ち出し品のチェックリスト、避難時の注意点などを掲載した。各公民館や警察、消防などの機関には各世帯の人数と75歳以上の高齢者の数をまとめた紙を配布し、避難誘導や救助、安否確認に活用できるようにした。

 坂口会長は「災害時には地域の各種団体が協力する必要がある」と指摘。森口会長も「配って終わりでなく、活用してもらわないと意味がない」とし、災害時の初動や関係機関の連携を確認する訓練の必要性を強調した。