高速圧迫パイズリ

富山市に住んでいる僕の人妻セフレは、
30代前半のカワイイ系。
能年玲奈似の清純派!!
セブンイレブンに行った後、

富山市の綺麗なラブホに行った時、

肌も白くて良いです。
舐めるのも舐められるのも大好き!!
色っぽさを想像できない童顔の女性との濃厚なエッチ。
フェラを堪能しセフレに誘われるまま騎乗位へ。
既にメチャクチャヌルヌルだったので二本行っちゃいます。
大きな胸を丹念に味わいそのまま秘部を探ると、潤ってます。

産業振興の拠点完成 県産業技術研究開発センター

■富山、高岡、南砺に4施設

 県産業技術研究開発センターの高岡、南砺、富山市にある3施設に、最先端の機器や設備がそろう四つの新拠点が完成した。このうち二つの拠点がある高岡市二上町のものづくり研究開発センターで8日、合同開設式があり、関係者が県内産業の発展をリードする施設になることを期待した。(西部本社・濱田泰輔)

 ものづくり研究開発センターには、技術者の交流スペースとなる「オープンイノベーション・ハブ」(623平方メートル)を整備。県内の企業や大学の技術を紹介するライブラリーと、産学官の共同研究を促すプロジェクト室3室を用意した。

 製品の耐久性をチェックする「環境負荷評価棟」(427平方メートル)も設けた。温度や湿度、日射量を人工的に調節して地球上のほぼ全ての環境を再現したり、電磁ノイズを与えたりできる試験室を有する。

 南砺市岩武新(福野)にある生活工学研究所には、高機能の繊維素材や健康管理機器の開発をサポートする「ヘルスケア製品開発棟」(748平方メートル)を造った。

 富山市高田の機械電子研究所には製品試験のデータを遠隔地からも把握できるシステムを備えた「先端デバイスマルチ信頼性試験室」(207平方メートル)を構えた。

 式典で石井隆一知事は「国内でも屈指の設備であり、県内のものづくり産業の発展につなげたい」とあいさつ。各施設の有効利用に向けた研修会や県外への情報発信に力を入れる考えを示した。

 四つの新拠点は、県が国の地方創生拠点整備交付金を活用して総事業費約16億円で整備した。