魚津水族館で色白美肌

富山市の近くに住んでいる僕の人妻セフレは、
30代前半の綺麗系。
エロさに関しては超一級品の人妻です♪
アダルトSHOPでセクシー下着を買った後、

富山市のラブホに入った時、

甘えん坊の表情から本気モードに切り替わった淫らな人妻!!
屈託の無い無垢な笑顔は癒され優しい気持ちにさせてくれます。
責める時はその長い舌が武器でこの舌が縦横無尽に動きまくりキスをすれば絡まり捏ねくりまわり、乳首を舐めてもらえばコリッコリに勃起するまで丹念に舐められます。
舌で敏感な所をつつくとすでにヌルッとする感触!!
これが絶品!まさにまったりフェラ。
クリを刺激し足ががくがく震えてよがってくれています。

魚津水族館 深海の謎に迫る 熱い巨大イカトークを展開/富山

 過去、富山湾にも相次いで出現した世界最大級のイカ、ダイオウイカについて、魚津水族館では、7日ダイオウイカ研究の第一人者などが集まり熱い「イカトーク」で盛り上がりました。

 魚津水族館でのトークショーに登場したのは、ダイオウイカ研究の第一人者・窪寺恒己さん。

 世界で初めて鮮明な生きたダイオウイカの撮影に成功した研究者です。

 「ダイオウイカもちゃんと脳はある。それも結構しっかりした。ここに大きな目が2つありますね。目のちょうど真ん中に脳が入っています」(窪寺さん)

 このトークショーはダイオウイカをテーマにしたドキュメンタリー映画の試写会に合わせて開かれたもので、映画では、富山湾などに出現したダイオウイカの様子が紹介されているほか、医療チームによる解剖で巨大な体に秘められた謎に迫っています。

 トークショーでは、子どもたちから次々とイカにまつわる質問が。

 「ダイオウイカ1匹に、吸盤は何個ぐらいあるんですか」(子ども質問)

 「1本で大体200ぐらいダイオウイカの場合。2×8本で1600、2000ぐらいかな」(窪寺さん)

 トークショーには、さらに、「ダイオウイカに抱かれた男」と呼ばれる富山市のダイバーが登場、その奇跡の瞬間を臨場感たっぷりに語りました。

 「ここにイカがいると思ってください。こうやって撮ってたら、そのままガッと。僕の体がきれいいに腕の中に包まれたって感じです。ガブッとやられてそのまま一気に急降下しました」(ダイビングショップ海遊・木村昭信さん)

 木村さんは、ダイオウイカに抱かれたまま一気に30メートル急降下したということです。

 魚津水族館が、深海の王者・ダイオウイカを富山湾で初めて確認したのは、2007年。

 最近では、深海魚のリュウグウノツカイも、たびたび富山湾で確認されています。

 「ダイオウイカが2007年、リュウグウノツカイ2009年、最近そういうものが増えている傾向はまちがいなくあります」(魚津水族館・稲村館長)

 「富山湾はすごく小さいヒメイカからダイオウイカまで来る多様性がとてもミステリアスでロマンを感じる」(観客)

 「自分も1回海に潜って、ダイオウイカに抱かれてみたい」(観客)

 魚津水族館では、今後も、リュウグウノツカイをはじめとする深海の生物や、富山湾の環境の変化について研究していくとしています。